いつも高価なプレゼントをくれる男性が怖かった風俗で働く女性の体験談

MAX_korocyandon20141025170252500-thumb-815xauto-5652

私は昔から物欲がすごくて金遣いの荒い人間でした。

 

 

欲しいものがあればすぐに買ってしまう為、手っ取り早くお金が稼げないかといつも考えていました。

 

 

だから大学進学で東京に上京してからは、普通のバイトはせずにホテヘルで働き始めました。

スポンサーリンク

もともと自分の体を売ることに対してあまり抵抗がなかったのです。 ホテヘルはお客さんが店で女性を指名し

 

 

店から一緒にホテルやレンタルルームに向かうというものでした。

 

 

触られることに抵抗はありませんでしたが、匂いに敏感な私は

 

 

口臭や体臭のきつい男性とキスしたり舐めたりすることが苦痛でなりませんでした。

 

 

また、もともと顎が弱かったので、口で長時間の奉仕をしてあげることができませんでした。

 

 

それでもお金の為に頑張って働いていましたが、ある時から毎週のように私を指名するお客さんが現れました。

 

 

いつも高価なプレゼントを持ってきたり、1日に何回も延長をして、長い時で5時間くらい一緒にいたこともあります。

 

 

いつの間にか結婚の話もし始めたので、どんどんそのお客さんのことが怖くなりました。

 

 

そのお客さんのことや、匂いがきつくて生理的に受け付けないお客さんも多くいたこともあり、そのお店を辞めることにしました。

 

 

それから私は彼氏が出来たこともあり、1年程は居酒屋でアルバイトをしていました。

 

 

しかし、友人に誘われてなんとなく行ってみたホストクラブにはまってしまい、居酒屋を辞めてまた夜の仕事を始めようと思ったのです。

 

 

その時は彼氏がいたので、風俗で働くことは抵抗があり、キャバクラで働き始めました。

 

 

しかし働き始めて2か月程で彼氏にキャバクラで働いていたこともホスト通いのこともばれてしまいました。

 

 

私がお風呂に入っている間に携帯を見たようです。それが原因で彼氏に振られてしまいました。

 

 

その時の後悔をずっと引きずってしまったため、キャバクラ勤めもホスト通いもやめることにしました。

 

 

それからは大学を卒業するまでずっとレストランでアルバイトをしていました。

 

 

そこのバイト先で知り合った人と付き合うことになり、同棲をし始めたので、就職をしてからもずっと夜の仕事はしていませんでした。

 

 

その彼氏と付き合い始めて3年経った頃、彼の家の事情で同棲を解消したのですが、そのまま彼とは連絡が取れなくなりました。

 

 

前からマンネリ化していたので飽きられたのだと思います。

 

 

そしてその寂しさから、またホストに通い始めてしまいました。今度はシャンパンなどは入れずに、低料金で楽しもうと思っていましたが、やはりそうはいきませんでした。

 

 

またお金が底をつきそうになりましたが、それでもどうしてもホストに行きたいという欲求を抑えることはできませんでした。

 

 

そして昼は一般企業で働きながら、週に2回くらいセクキャバで働き始めました。そのセクキャバは女の子のレベルが相当高く

 

 

もともと高級キャバクラで働いていた女の子たちがたくさんいました。

 

 

キャバクラのようにきちんとヘアセットをして、1万円以上のドレスを着ないといけませんでした。

 

 

そしてキャバクラのようにお酒を作ったり接客をしながら、たまに胸を出したり触らせたりするお店でした。

 

 

私は大人数でわいわい騒ぎながら話をするのが苦手だったので、団体客が来るとみんなの輪に入っていけずに

 

 

気まずい思いをすることが多々ありました。

 

 

女の子の中では仲のいいグループが出来上がっていたので

 

 

人見知りな私はなかなか馴染めずに苦労してこんな仕事やめたいと思っていました。

 

 

そのお店で働き始めて半年経った頃、会社の上司に無理やり連れてこられ

 

 

こういう店に来たのは初めてだというお客さんの席につきました。

 

 

その人が、私が完全に風俗を辞めるきっかけとなった人です。

 

 

その人とは趣味や笑いのツボも一緒で、話していてとても楽しかっったです。

 

 

その後、場内指名をしてくれて、お礼にアフターに付き合うことになりました。

 

 

私は、こういう人が彼氏だったらいいのになと思っていましたが、風俗嬢とお客さんの関係でまともに付き合えるとは思っていませんでした。

 

 

しかしアフターで連絡先を交換し、デートの約束をし、気づけば5回ほどプライベートで遊んでいました。

 

 

そのまま自然と付き合うようになり、それからは私はセクキャバもホスト通いもきっぱり辞めました。

 

 

その彼とは1年程付き合って結婚し、今は結婚して1年が経ちます。

 

 

当然、以前のようにお金を稼ぐことができないので、金欠で苦しむ時もありますが、もう風俗をしようとは全く思いません。

私、幸せになれないのかな?風俗嬢の悲惨な末路


風俗嬢の末路、それは、、、


風俗の仕事は非常に高い給料をもらえますが非常に特殊な仕事のため若いうちはいいのですが、20代後半、30代と歳を重ねていった時にどんな未来が待ち受けているのでしょうか?


風俗を一度辞めた嬢がその後どうなっていくのかをリサーチしたのでご紹介します。


 



続きを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>