お客さんには必ずイソジンでうがいをしてもらう風俗で働く女性の体験談

2a93598682259434d760e74063639440_m

ニックネーム:マエケンのファン

 

 

私は風俗に勤めて4年になります。

 

 

九州のソープで今も働いています。

 

 

私はソープでお金を稼いでは、今住んでいる近くのホストに通うのが習慣です。

スポンサーリンク

もともと友達に誘われてソープで働きました。

 

 

看護師の仕事をしていましたが、夜勤はなく、夜の仕事をしようとしていたところ友達の誘いがありました。

 

 

看護師が副業をするなんて話は珍しくもなく、問題は職種にもよりますが

 

 

風俗で働く人に対して偏見もない私には、体を張った高額アルバイトだと思っていますした。

 

 

新人で何もわからない私に新人はまず、店長を紹介してくれました。

 

 

よく話で聞くような、入店テストのためにHなことをやらされるかと思いましたが

 

 

そんなこともなく、誠意についての注意事項がとても長かったです。

 

 

感染症の危険性とか、プレイする前後にはイソジン消毒をすることとか

 

 

強制ではないけどお客さんにも必ず消毒うがいを勧めないと後々後悔することなんかを言われました。

 

 

その説明を聞いてから私はずっとお客さんにもイソジンうがいをしてもらいました。

 

 

お店に張り出すために写真をとるといわれました。

 

 

そのお店は顔出し自由だったみたいで、顔出ししたほうがもちろん指名が多く取れるといわれました。

 

 

もともと実家から離れた地区だし、地元の知り合いなんてほとんど見ないだろうと思って顔出しOKをしました。

 

 

友達に「あんたそこまでするの?バカじゃないの?」と言われましたが、実際に困ったことも今までなかったのでこれでよかったと思います。

 

 

学生時代からもともとが真面目で、久々に同級生に出会ったら絶対にびっくりするだろうなと思います。

 

 

男子なんかはとくに私がそんなとこに勤めるなんて想像もできないと思います。

 

 

だからお相手したお客さんからは「風俗に働く感じにはみえないね。

 

 

いくつ?」と聞かれ、いつも4つ若く返事をしてました。

 

 

昔から体力はあったほうで、1日に多いときは4人相手にすることがありましたが、次の日の仕事に影響させるようなことはしませんでした。

 

 

誘ってきた友達は必ず休み前を仕事日にしたりと律儀なところがありましたが、私はそんなこと苦になりませんでした。

 

 

もともと今通っているホストクラブも、友達の誘いでした。

 

 

ですが、飽き性な友達と違い、私はこだわることが多いので、ホストに行くためにもお金を稼ぎました。

 

 

実際には本番前に終わってしまう男の人もいて、それでも初めの話で、本番代までいただくようにしているので、とてもラッキーなことでした。

 

 

私にも仕事をしていて嫌なことがあります。

 

 

大半の人は体力が持たないとか、本職のほうが大事だからという理由がほとんどです。

 

 

私からしてみれば何がそんなにきついのかわかりません。時間が合えば両立なんて楽なのに。

 

 

私はお客さんを選ぶことはありました。通常はしないのですが

 

 

お相手男性を35歳までにしてくださいといってみたり、相手の顔をみて判断したりとさまざまでした。

 

 

それでもどうしても相手してほしいと店長に頼まれた時は仕方なくお相手をしてました。

 

 

風俗嬢も人間ですし、あまりにタイプじゃない男の人とはさすがに寝れません。

 

 

唯一目をつぶる理由があるとしたらそれは収入がいいからです。

 

 

そのことだけを考えると、結婚適齢期にもなっていない今、風俗をやめたいなんて考えていません。

 

 

さすがに本職は嫌ですが、そうやすやすと退職しようとは思っていません。

 

 

風俗嬢というのはキャバクラなんかとは違い、いわゆる個人の仕事場です。

 

 

職場から部屋を与えてもらい、お客さんが指名するまで私たちと顔を合わせることもないので、氏名のとりあいになることはありません。

 

 

私の下にもちょっと言葉遣いの悪い後輩がいますが、職場でいじめがあっただなんて話はきいたことがありません。

 

 

つまり1対1で常にお客さんと関わるわけですから、自分の身は自分で守らないといけません。

 

 

本番で中だしをしようとしたり、イソジンうがいを拒んだりしようとする人には私は強くでます。

 

 

当然といえば当然です。この世界に長くいるためにも「自分」がしっかりしてないと話にならないことは明白です。

 

 

以上が私が経験している内容です。

わたし、夜の仕事辞めます!


いつか夜の仕事を辞めてまともな仕事をやりたい!


でも、ずっと夜の仕事をしてきて今更昼の仕事なんてできるのかな?


夜の仕事をしていた女性の接客力、気配り


実は自分が思っているよりずっとずっとあなたは必要とされています


今までになかった!ナイトワークをしていた女性専用の転職サイトANEJOB


あなたがやりたい仕事で新しい一歩を踏み出しましょう!


 


♥主な掲載職種♥


美容系(エステ、ネイリスト、アイリスト)


リラクゼーション系(セラピスト、アロママッサージ、リフレクソロジー)


販売系(アパレル、ファッション、コスメ、モバイル、セレクトショップ)


営業系(法人営業、代理店営業、コンサルタント)


サービス系(コンシェルジュ、ツアーコンダクター)


事務系(営業アシスタント、経理、秘書、総務、データ入力)


介護系(介護士、ホームヘルパー、カウンセラー)


クリエイティブ系(ディレクター、デザイナー、WEBサイト運営)


その他(結婚プランナー、コールセンター、タクシー運転手、etc)



あなたがやってみたい仕事をANEJOBでチェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>