キャバクラでよくある陰湿ないじめの方法

N112_kanashiinamida-thumb-815xauto-14455

女性が多い職場は、水商売に限らず、どんな仕事でも人間関係において複雑な事があります。

 

 

キャバクラは女の世界。嫉妬やプライド、恨みに妬みが渦巻く業界です。

 

 

ですから当然、いじめもあります。キャバクラで、いじめが全く無いお店を探す方が難しいのではないでしょうか。

 

 

よくお店の面接や体験入店の際に、スタッフは「うちの店は女の子が優しいし仲が良いから、大丈夫だよ。」

 

 

なんて言葉をかけてくれます。しかし、この言葉をそのまま鵜呑みにするのは、少々お人好し過ぎます。

 

 

これはスタッフの常套句で、もはや適当に言っていると考えても良いでしょう。

 

 

水商売で、しかもキャバクラですから、いじめは避けられない問題です。

 

 

キャストは皆、お客様の指名を取り合うライバル同士なのですから、仕方がありません。

 

私のいじめ体験談

 

 

実際に、私自身もいじめられた経験があります。

 

 

キャバクラは全くの未経験で入店したのですが、入店二日目で本指名をもらい、あっと言う間に指名客が増えた頃。

 

 

ベテランのお姉さんキャスト二人にいじめられました。

 

 

最初は無視されるだけでしたが、段々と、足を引っ掛けられたり、靴を隠されたりするようになっていきました。

 

 

しまいには、ありもしない噂話を流されるようになりました。

 

 

私が“店長の女”だというデマを、お客様に吹聴されていたのです。

 

 

最初の頃は、なぜ自分がこんな事をされるのだろう?と理解できずにいました。

 

 

しかしスタッフに相談した時に、「あの子は最近、指名が取れないから。羨ましいんだろう。」と言われたのです。

 

 

そう、自分よりも可愛い、若い、指名が多い、それだけでもすぐにいじめの標的にされてしまう世界、それがキャバクラなのです。

 

 

キャバクラでのいじめは、陰湿なものも多いです。

 

 

例えば、根も葉もない噂話をお客様に流すといった方法です。

 

 

「○○ちゃんはお客様と体の関係を持っている。」や、「お客様の悪口を言っていた。」

 

 

「○○ちゃんにいじめられた。」などといった内容です。

 

 

また、キャストの個人情報をお客様に勝手に話す、挨拶をしても無視をする、話し掛けても聞こえないフリをする、といった方法があります。

 

 

同じ客席に着いても、こちらに話を振ってくれない。

 

 

ひどい場合には、ドレスや靴や私服を隠される、または捨てられる、という事もあります。

 

 

お酒が苦手なキャストに、わざと「○○ちゃんって、お酒強いんだよね~。」と言って飲ませようとしたり。

 

 

酔っ払ったフリをしてお酒を掛けてきたり。 こういった陰湿ないじめに遭わない為にも、嫌われないように気を付ける事が必要になってきます。

 

 

まず、基本的な挨拶は絶対に忘れないようにしましょう。

 

 

怖い先輩キャストに目を付けられないようにする為です。

 

 

おはようございます、お疲れ様です、といった挨拶はもちろん、何かをしてもらった時にはお礼を忘れない事です。

 

 

また、キャバクラだからフランクに接しても良いだろうと、タメ口で話す事は避けましょう。

 

 

先輩や年上の人には、きちんと敬語を使う。こういった基本的な事ができない、マナーが悪いキャストは、いじめの標的になりやすいので注意が必要です。

 

 

私の後輩キャストで、他のキャストを指名しているお客様に自分の名刺を渡して連絡先交換をする子がいました。

 

 

この行為は、キャバクラではご法度です。必ずと言っていい確率で、キャストと揉める事になります。

 

 

彼女の場合は自業自得な面もありますが、先輩キャスト達にいじめられ、お店を辞めていきました。

 

 

お店はあくまで職場であり友達を作る場所ではないので、無理に仲良くする必要はありません。

 

 

ただ、働きやすい環境にする努力は必要です。 また、困っているキャストがいたら助けてあげる、話を聞いてあげる。

 

 

こういった事で、敵を増やさないように、いじめの標的にされないように、自分で自分の身を守るのです。

 

 

しかし、仲の良いキャストができたとしても、自分のプライベートな情報をペラペラと話してしまう事は避けた方が良いでしょう。

 

 

リスクが大きい為です。万が一、お客様にあなたの個人情報を話されてしまった時が怖いのです

 

 

もしあなたがお店でいじめられても、相手にやり返したりするのは得策ではありません。

 

 

その行為はいじめっ子と同じ土俵に立つ事になり、あなたの価値を自ら下げる行為になってしまうからです。

 

 

悪口を言われても、あなたは言わないで下さい。 そして、いじめられていると感じても、あまり反応しないようにしましょう。

 

 

いじめる側は、その反応を見て楽しむ習性があるので、知らん顔を決め込んで相手にしない方が良いのです。

 

 

いじめられても、こちらから笑顔で挨拶をし続けましょう。

 

 

もしそれでもいじめが止まない、またはエスカレートしてしまうといった場合には、一人で抱え込まず、お店のスタッフや信頼できるキャストに相談してみましょう。

 

わたし、夜の仕事辞めます!


いつか夜の仕事を辞めてまともな仕事をやりたい!


でも、ずっと夜の仕事をしてきて今更昼の仕事なんてできるのかな?


夜の仕事をしていた女性の接客力、気配り


実は自分が思っているよりずっとずっとあなたは必要とされています


今までになかった!ナイトワークをしていた女性専用の転職サイトANEJOB


あなたがやりたい仕事で新しい一歩を踏み出しましょう!


 


♥主な掲載職種♥


美容系(エステ、ネイリスト、アイリスト)


リラクゼーション系(セラピスト、アロママッサージ、リフレクソロジー)


販売系(アパレル、ファッション、コスメ、モバイル、セレクトショップ)


営業系(法人営業、代理店営業、コンサルタント)


サービス系(コンシェルジュ、ツアーコンダクター)


事務系(営業アシスタント、経理、秘書、総務、データ入力)


介護系(介護士、ホームヘルパー、カウンセラー)


クリエイティブ系(ディレクター、デザイナー、WEBサイト運営)


その他(結婚プランナー、コールセンター、タクシー運転手、etc)



あなたがやってみたい仕事をANEJOBでチェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>