キャバクラで働く女性に知っておいて欲しい肝臓の話

Amorous couple on romantic date or celebrating together at restaurant

キャバクラを含め水商売の仕事をしていると、様々な健康面でのリスクがあります。

 

 

中でも特に気を付けたいのが、肝臓の病気です。

 

 

キャバクラでは、お客様と一緒にお酒を飲む事も大切な仕事の一つです。

 

 

その為、どうしても毎日のアルコール摂取量が多くなってしまい、肝臓への負担が大きくなってしまうのです。

 

 

お店ではもちろん、同伴やアフターがあれば、そこでも飲まなければならない場合もあります。

 

 

その為、キャバ嬢をしていると二日酔いなどは日常茶飯事、という方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな生活を毎日、しかも何年間も続けていれば、肝臓が悲鳴を上げるのは当然です。

 

 

酷い場合は、ドクターストップが掛かったり、入院する程までに悪くなってしまったりするキャバ嬢も多いのです。

 

スポンサーリンク

キャバ嬢と肝臓の現実

 

 

「自分はお酒が好きだし、割と強い方だから大丈夫!」というキャバ嬢に限って、知らず知らずの間に肝臓を悪くしがちです。

 

 

いくらお酒が強いと言っても、毎晩毎晩、深夜まで飲んでいる生活を続けていたら、肝臓への負担はどんどん蓄積されていきます。

 

 

肝臓は“沈黙の臓器”とも言われ、異常があっても初期症状がほとんど無く、気が付いた時にはかなり悪化してしまっている・・・という事が多いのです。

 

 

肝臓の病気というのは、お酒を飲む人なら誰もが罹ってしまう可能性がある病気の為、油断は禁物です。

 

 

私が仲良くしていたキャストさんにも、肝臓を悪くしてしまった子がいます。

 

 

彼女はお酒がとても強いタイプだったので、お客様のお席でもどんどんお酒を頂いていました。

 

 

そんな酒豪の彼女は周りのキャストにも頼りにされ、お酒が飲めない時は彼女を呼ぶ、というのが慣例にさえなっていました。

 

 

彼女の身体は、しばらくは何とも無かったのですが、次第に体調を崩しがちになってしまったのです。

 

 

そして病院へ行った所、検査の数値が良くない為、静養するようにと医師から告げられてしまいました。

 

 

彼女は入院をする程ではなかったのでその点は幸いでしたが、ゆっくりする為に、お店を辞めて実家に戻りました。

 

 

今はすっかり元気になり普通に生活していますが、もうアルコールは飲みたいと思わないそうです。

 

 

肝臓の病気は、初めは脂肪肝から始まります。

 

 

脂肪肝の段階では自分で感じられる症状がほとんど出てこない為、ここで肝臓の異変に気が付く方は少ないでしょう。

 

 

ここから更に飲み続けていくと、今度はアルコール性肝炎になってしまいます。

 

 

この段階になると、腹痛や発熱などといった身体症状が出てくる事が多いです。

 

 

ここまでくると、最悪の場合は命を落としてしまうリスクも出てきます。

 

 

そして、さらに進んでしまうと、最終段階である肝硬変になってしまうのです。

 

 

肝硬変にまでなってしまうと重篤で、治す事が容易ではありません。

 

 

ただ、きっぱりとアルコールを断つ事ができれば、状態が良くなる可能性はあります。

 

 

初期段階では主だった症状が出ない為、なかなか発見できないのが肝臓の病気です。

 

 

ですから、毎日アルコールを大量に摂取しているキャストさんは、定期的に病院での検査をしておくと良いでしょう。

 

 

早期の段階で異常が発見できれば、アルコールの量を減らしたり、もしくは断酒したりといった事で、元気を取り戻す事が可能です。

 

 

また、多くのお店では、キャストのドリンクをノンアルコールで作ってくれるシステムが採用されている場合が多いでしょう。

 

 

ですから、体調が良くない時やアルコールが苦手なキャストさんは、お店のスタッフに相談してみるのも良いでしょう。

 

 

実際、私もノンアルコールのドリンクを、さもアルコールを飲んでいるようにして頂く事がよくありました。

 

 

周りのキャストも皆、同じようにしていました。

 

 

お酒が得意ではないキャストさんにとっても、このシステムは素晴らしいものです。

 

 

健康を害してしまったら、キャバクラはもちろん、他の仕事でも働く事が難しくなってしまいます。

 

 

ですから、自分の身体を労わりながら、アルコールと上手く付き合えるようにできれば良いですね。

 

 

そうすれば、キャバクラでのストレスも軽減されるのではないでしょうか。

わたし、夜の仕事辞めます!


いつか夜の仕事を辞めてまともな仕事をやりたい!


でも、ずっと夜の仕事をしてきて今更昼の仕事なんてできるのかな?


夜の仕事をしていた女性の接客力、気配り


実は自分が思っているよりずっとずっとあなたは必要とされています


今までになかった!ナイトワークをしていた女性専用の転職サイトANEJOB


あなたがやりたい仕事で新しい一歩を踏み出しましょう!


 


♥主な掲載職種♥


美容系(エステ、ネイリスト、アイリスト)


リラクゼーション系(セラピスト、アロママッサージ、リフレクソロジー)


販売系(アパレル、ファッション、コスメ、モバイル、セレクトショップ)


営業系(法人営業、代理店営業、コンサルタント)


サービス系(コンシェルジュ、ツアーコンダクター)


事務系(営業アシスタント、経理、秘書、総務、データ入力)


介護系(介護士、ホームヘルパー、カウンセラー)


クリエイティブ系(ディレクター、デザイナー、WEBサイト運営)


その他(結婚プランナー、コールセンター、タクシー運転手、etc)



あなたがやってみたい仕事をANEJOBでチェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>