キャバ嬢が昼の仕事が出来ないと思う理由

CSS85_keywosousasruop20131019-thumb-815xauto-16727

皆さんは、キャバクラを辞めて昼間の仕事に就きたいと思った事があるでしょうか。

 

 

多くのキャストさんが、いずれはそうしたい、と考える事があるのではないかと思います。

 

 

キャバクラでの経験が昼間の仕事の場において役立つ事ももちろんありますが、その反面、足かせになる事があるのも事実です。

 

 

では、実際にどういった事が、昼間の仕事へ転職する際の足かせになってしまうのでしょうか。

 

スポンサーリンク

昼の仕事をする上での足かせとは

 

 

まず、キャバクラでの時給が大変高額な為、これに慣れてしまっているキャストさんが多い事です。

 

 

昼間の仕事に就きたいと思っても、求人票や求人雑誌の給与欄を見て、「うわ、安いなぁ・・・。」と感じてしまうのです。

 

 

キャバクラでの時給と比べたら、昼間の仕事のお給料はどこも安くて当然です。

 

 

しかし、一度キャバクラでの高給を手にしてしまったキャバ嬢にとっては、それが大きなハードルになってしまうのです。

 

 

私は一時期、昼間の仕事とキャバクラを掛け持ちして働いていました。

 

 

やはり、お給料の面のみで考えた場合、キャバクラは本当に良い職種です。

 

 

昼間の仕事で毎日頑張っても、若い女性が頂ける月給はせいぜい二十万円前後です。

 

 

しかし、キャバクラなら週に三日の出勤でも数十万円が頂けるのです。

 

 

ナンバー入りするキャストになれば、百万円単位の現金を毎月手にできるのです。

 

 

昼の仕事と夜の仕事、その間には雲泥の差がありました。

 

 

そして、お客様からのプレゼント等も海外ブランド物や高級品が多くなります。

 

 

そして、そんな非日常の光景が、知らず知らずの間に自分の日常になっていってしまうのです。

 

 

ですから、個人差はあるでしょうが、キャバクラで働くとかなりの高確率で金銭感覚が狂ってしまうのです。

 

 

就職活動で不利?

 

 

また、いくら本人が昼間の仕事で働きたいと思っても、なかなか就職しづらいという事があります。

 

 

正社員にしろ、派遣社員やパート、アルバイトにしろ、採用を決める際には履歴書と面接が必要になります。

 

 

この履歴書の職歴欄に、今までどういった仕事をしてきたかを書かなければならず、これをどう書けば良いのかと困ってしまう方が多いのです。

 

 

面接で職歴について質問された時に、正直に「キャバクラで働いていました。」と答えると、それだけで不採用にされてしまう事もあります。

 

 

残念な事ですが、これが水商売やキャバクラに対する世間の見方なのです。

 

 

その為、はっきりとキャバクラとは言わずに、飲食業やアルバイト、派遣で働いていたと答えたり、または家事手伝いをしていたと答えたりする方が多いようです。

 

 

面接で嘘を付く事はできないので、夜の仕事、水商売をしていた事を隠すという方が非常に多いのです。

 

 

また、晴れて内定を頂いても、後にキャバ嬢をしていた過去が明るみに出ると、内定取り消しという事もあります。

 

 

もちろん、元キャバ嬢だと分かっても採用してくれる会社もありますが、それは極少数だと考えておいた方が良いでしょう。

 

 

そして、キャバ嬢歴が長ければ長い程、昼間の仕事に就く事がだんだん難しくなっていきます。

 

 

年齢的な事もありますし、長年の習慣になっている生活スタイルを変える事が容易ではない為です。

 

 

朝きちんと起床できるか、昼間の仕事のお給料でやり繰りして生活していけるか。

 

 

こういった、昼間の仕事では極々当たり前の事さえできれば、そして「自分はこれから昼間の仕事で生活をしていく!夜の仕事にはもう戻らない!」

 

 

という堅い意志があれば、昼間の仕事でも十分にやっていけるでしょう。

 

 

そして、キャバクラで頑張ってナンバー入りしていたキャストさん、毎月高額なお給料を頂いていたキャストさんの方が、昼間の仕事に就いてもしっかり働く事ができると私は感じています。

 

 

キャバクラで適当に働いていたり、何の目標も無くただズルズルとキャバ嬢を続けていたりといったキャストさんは、たとえ昼間の仕事に就いたとしても、そこでも上手くやっていけませんし、稼ぐ事もできないでしょう。

 

 

キャバクラは時給が良いですが、その分、様々な苦労があります。

 

 

そんな苦労を乗り越え、真面目にひたむきに努力する事ができるキャストさんは、どんな職種においても、しっかりと確実に成長し、実績を残していけるタイプと言えるのです。

わたし、夜の仕事辞めます!


いつか夜の仕事を辞めてまともな仕事をやりたい!


でも、ずっと夜の仕事をしてきて今更昼の仕事なんてできるのかな?


夜の仕事をしていた女性の接客力、気配り


実は自分が思っているよりずっとずっとあなたは必要とされています


今までになかった!ナイトワークをしていた女性専用の転職サイトANEJOB


あなたがやりたい仕事で新しい一歩を踏み出しましょう!


 


♥主な掲載職種♥


美容系(エステ、ネイリスト、アイリスト)


リラクゼーション系(セラピスト、アロママッサージ、リフレクソロジー)


販売系(アパレル、ファッション、コスメ、モバイル、セレクトショップ)


営業系(法人営業、代理店営業、コンサルタント)


サービス系(コンシェルジュ、ツアーコンダクター)


事務系(営業アシスタント、経理、秘書、総務、データ入力)


介護系(介護士、ホームヘルパー、カウンセラー)


クリエイティブ系(ディレクター、デザイナー、WEBサイト運営)


その他(結婚プランナー、コールセンター、タクシー運転手、etc)



あなたがやってみたい仕事をANEJOBでチェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>