汚い自宅に呼ばれるのは嫌だったと語るデリバリーヘルスで働く女性の体験談

04

現在は普通の主婦をしている綾子です。

 

 

私は10年位前、風俗で働いていました。私の住む地域は風営法で厳しく定められているため、デリバリーヘルスしかない街です。

 

 

私はバツイチなのですが、当時の夫の仕事の為、私たちは遠く離れて暮らしていました。

スポンサーリンク

子供が産まれ夫は子どもとずっと一緒にいたいという思いで私に相談もなく仕事を辞めてしまいました。

 

 

まだ若かった私は仕事を辞めた夫を、こっちに帰ってきてもすぐ新しい仕事は見つかるだろうと家族一緒にいられる幸せだけを感じていました。

 

 

私は2歳になる子供を保育園に預けて、夫の家族と同居だったのですが幸せな生活を送っていました。

 

 

仕事を辞めて帰ってきた夫は仕事を探すこともせず、半年。

 

 

だんだん喧嘩も増えていきました。

 

 

夫は職安にでも行ったのかと思えばパチンコや競艇にばかり行っていました。夫の借金はそれからすぐ発覚しました。

 

 

以前の仕事をしている時からの借金でこちらに帰ってきてからもキャッシングして遊んでいたのです。

 

 

私の給料だけでは払って行くことが大変になってきたので、

 

 

私は無料の求人案内をスーパーでもらってきて今よりも給料のいい仕事を探しました。

 

 

その時に見つけたのがデリバリーヘルスです。

 

 

10年も前の事でよく覚えてないのですが、求人案内にはコンパニオンとして時給が4000円から等書いてあったように思います。

 

 

私は迷うことなくすぐ電話すると、面接をするためにこちらの都合のいい場所に来てくれました。

 

 

優しい男の人が詳しい仕事の話をしてくれて、出来るようだったら電話を下さいと言いましたが私はその場で仕事をしたい事を伝えました。

 

 

1週間後くらいにその面接をしてくれた人を相手にホテルで研修が行われました。

 

 

私は恥ずかしい気持ちも最初だけで腹をくくって裸になりその男の人とシャワーを浴び

 

 

体の洗い方を教えてもらったりベッドで男性へのサービスの仕方を学びました。

 

 

次の日から仕事に入ったのですが他に女の子は10人くらい在籍していて

 

 

1つの部屋でずっと待機しているのですぐにみんなと仲良くなりました。

 

 

この仕事で悩んだ事は子供の保育園に提出する就労証明書です。

 

 

店長に相談すると〇〇企画社として普通に書いてくれました、もしも電話があった時の為の対応もしてくれました。

 

 

あとは時間帯です。

 

 

デリバリーヘルスはやはりお客さんは夜の方が多いので私はスナックでバイトしている事にして

 

 

子供を義理の母や夫に託して働くようになりました。

 

 

子供に対する罪悪感はすごくありました。これは辞める時まで、辞めた後の今でもこの子に対して罪悪感はあります。

 

 

デリバリーヘルスの仕事自体は変な話、そこまで嫌ではありませんでした。

 

 

お客さんも優しい人が多かったし、お客さんに60分着くと私の収入は8千円、90分で1万1千円だったので

 

 

1日に3人くらい仕事をすると2万以上は稼げました。

 

 

お客さんに着かずに8時間以上待機すると待機料として8千円もらうことができました。

 

 

辛かったのはデリバリーヘルスは本番禁止なのに本番を望み無理やり入れてこようとしたり

 

 

別にお金を払うからと交渉してきたりする人がいた事です。

 

 

あとお店を通してじゃなくて外でデートしようと連絡先をしつこく聞いてきたりする方もいてお断りするのが苦手な私には苦痛でした。

 

 

さすがに何度もこのような事があると風俗をやめたいと思うようになってきました。

 

 

これは不満ですがホテルじゃなく自宅に呼ぶ方で部屋が異常に汚いのは辛かったです。

 

 

お客さんは自宅に呼べばホテル代は浮きますが自宅は嫌でした、店の女の子ともホテル限定にして欲しいとよく愚痴っていました。

 

 

こういうふうに嫌なお客さんに時々あたる事や自分の家庭の事を除けば悪くない職場でした。

 

 

店長も同年代だったのでみんないろんな悩みを相談しましたし、待機時間にはカラオケに行ったり

 

 

UNOをしたり笑われるかもしれないけれど夫の借金でショックを受けて落ち込んでいた私にはお金も稼げるし

 

 

他の女の子もみんないい子でたくさん笑えたしある意味私の活力の場になっていました。

 

 

私はこの仕事を1年半くらいしたのですが、どうして風俗を辞めたのかというとあるお客さんと出会ったからです。

 

 

そのお客さんは現在の夫です。その彼との出会いから結婚まで話すと長くなりますが

 

 

彼は私の為に3時間プラス指名料(計3万8千円)という呼び方を1周間に2度位してくれて服を脱ぐことなくいつもお話をしていました。

 

 

今の夫が風俗という危険な仕事から救ってくれたと思っています。

 

 

お店自体がお客さんと付き合う事は禁止だったので彼に指名され続けて

 

 

半年過ぎくらいに1度彼と外で遊園地へデートを行ったのを機会に私もお店にバレたら困るなという思いや

 

 

彼への気持ちが強くなっていく自分への区切りとしてお店を辞めました。

 

 

そして離婚もして今に至ります。私は風俗で働いていた事を後悔していません。しかし自分の子供にはしてほしくありません。

わたし、夜の仕事辞めます!


いつか夜の仕事を辞めてまともな仕事をやりたい!


でも、ずっと夜の仕事をしてきて今更昼の仕事なんてできるのかな?


夜の仕事をしていた女性の接客力、気配り


実は自分が思っているよりずっとずっとあなたは必要とされています


今までになかった!ナイトワークをしていた女性専用の転職サイトANEJOB


あなたがやりたい仕事で新しい一歩を踏み出しましょう!


 


♥主な掲載職種♥


美容系(エステ、ネイリスト、アイリスト)


リラクゼーション系(セラピスト、アロママッサージ、リフレクソロジー)


販売系(アパレル、ファッション、コスメ、モバイル、セレクトショップ)


営業系(法人営業、代理店営業、コンサルタント)


サービス系(コンシェルジュ、ツアーコンダクター)


事務系(営業アシスタント、経理、秘書、総務、データ入力)


介護系(介護士、ホームヘルパー、カウンセラー)


クリエイティブ系(ディレクター、デザイナー、WEBサイト運営)


その他(結婚プランナー、コールセンター、タクシー運転手、etc)



あなたがやってみたい仕事をANEJOBでチェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>