私、幸せになれないのかな?風俗嬢の悲惨な末路

JNIioXvOg6XOIeu_15847

晩婚化が進み終身雇用も形を変えてきている現在、女性の働き方にも不安要素が生まれてきていることは言うまでもありません。

 

 

正社員ならば安心、という時代ではなくなった今

 

 

非正規雇用と同様にいつどうなってしまうのか分からないからこそ

 

 

掛け持ちで風俗やキャバクラでお仕事をして少しでもお金を稼ごうと思う女性も少なくはないでしょう。

 

 

水商売と言えば派手なイメージがあり大金を稼ぐことができる場所であると思われがちですが

 

 

実はこのお仕事を始めたからと言って必ずしも安定の道が切り開けるとは言い難いのです。

 

 

もちろん一般的な昼職と比べると想像もしないような大金を得られることは事実です。

 

 

しかしそれゆえに泥沼にハマってしまう女性や風俗の世界から抜け出せない人も多いのです。

 

 

今回はそんな風俗業界に潜む闇の部分についてご紹介します。

 

 

-恐るべき風俗の実態!-

女性の最大の武器である身体を利用してお金を稼げる風俗は、覚悟と努力さえあればいくらでも思う存分に稼ぐことができる世界でもあります。

 

 

しかし本当に夢を実現したり継続してまとまった収入を得られるのは一部の嬢に限った話。

 

 

大半の嬢は挫折を味わい、稼げない現実を目の当たりにすることになります。

 

 

しかし辞めたいと心の中で思っていても一度足を踏み入れた世界からなかなか抜け出すことができないのが風俗の怖いところでもあります。

 

 

それほど稼げない仕事ならば続ける必要もないのでは?と思われるでしょうが、この感覚は言ってみればギャンブルに近いものがあります。

 

 

ギャンブルの場合、一度賭けに勝って大金を得れば味を占めてまた賭け事をするようになりますよね。

 

 

例えその次に負けたとしても今度は勝つかもしれない…という欲ばかりが出てしまい結局抜け出せなくなる。

 

 

風俗とはまさにそんなギャンブルのような世界なのです。

 

 

この感覚を一度味わった嬢はまたお金を稼げるかもしれない…という欲に囚われて抜け出すことができません。

 

 

そうして気が付けば歳だけを重ねていき熟女店で働いている、なんてことも珍しくはない話なのです。

 

 

芸能人と風俗嬢は共通点がある?

風俗嬢はテレビで活躍する芸能人などと同様に人気商売です。

 

 

芸能人を見ていればお分かりだと思いますが、一時期は世間を騒がせるほどの人気ぶりでも

 

 

時が経つにつれて徐々に姿を消していくことはごく当たり前の光景。

 

 

風俗嬢もこれと同じで、どれほど売れる女の子でも時代の変化に逆らうことはできません。

 

 

つまり、売れなくなってしまえば大金を稼ぐことはおろか、生活することすら危うくなってしまうのが風俗の世界。

 

 

それに取り残された嬢は過去の栄光を忘れることができず、辞めたいとどこかで願っていてもズルズルと続けていくパターンもよく見かけられます。

 

 

最もベストな選択としては短期間だけお金を稼いでサッと辞めてしまうことですが

 

 

実際に仕事をしてみるとそうはいかなくなってくるのがこの業界の恐ろしい部分でもあります。

 

 

精神的なバランスを崩していく風俗嬢

風俗業界に飛び込んで新人の間はお客様にも可愛がられることでしょう。

 

 

しかし在籍期間が長くなるにつれて周囲の目もシビアになってきたり新人のような振る舞いでは納得してくれないこともあります。

 

 

常連のお客様になると無理矢理に本番強要されるケースもありますので、これがキッカケで精神的に病んでいく

 

 

男性が怖くなってしまうという嬢も多いです。

 

 

上手く交わす能力を身に付けたり、ポジティブに考えられる女の子は気持ちの切り替えもできるのですが

 

 

複数の男性を相手にする風俗ではなかなかそうもいかないのが現実です。

 

 

しかし接客を拒絶していては稼げないし、生活していくこともできないので無理をして出勤をしてしまい

 

 

結果的に精神のバランスを崩してしまうことになるようです。

 

 

性病と風俗は切っても切れない関係

風俗で働いていると精神的に病む理由がもう1つあります。

 

 

それは性病の危険性です。

 

 

やはり不特定多数の男性を相手にしている以上、この危険性は避けては通れない道なのですが

 

 

この不安感から情緒不安定になったり辞めたいと感じるようになる子が多いようです。

 

 

もちろん風俗で働けば誰もが性病に感染するわけではありませんし

 

 

検査もしっかりと行われているので早期発見から治療もすぐにできます。

 

 

ですが、その危険性と常に隣り合わせであること、このリスクを感じたまま人気を得ること

 

 

そして精神的な負担と肉体的な負担の両方を背負ったまま仕事を続けるのは難しいと挫折をする嬢がほとんどです。

 

 

風俗嬢を辞めた後

このように風俗嬢を続けられないと考えた女性はどのような末路をたどるのでしょうか?

 

 

風俗関係のある雑誌よれば

 

 

1位 結婚して専業主婦になる

2位 昼の仕事へ転職

3位 副業で生計を立てる

4位 実家へ里帰り

5位 もう一度風俗攘に

 

 

という統計が出ていました。それぞれ詳しく紹介します。

 

 

5位 もう一度風俗嬢に

一度は限界を感じて風俗嬢を辞めたにもかからわず、また風俗嬢に戻ってしまう女性も少なくありません。

 

 

風俗嬢の平均月収は約30万円と言われています。

 

 

一人暮らしで30万円の月収があれば住む場所や食べる物など余裕のある生活が出来ます。

 

 

しかし、いわゆるお昼の仕事(OLなど)の平均月収は16万円程とかなり低い水準となっており風俗嬢時代に稼いでいる嬢であればあるほどこの収入の差が生まれてしまいます。

 

 

仕事は変わっても以前の付き合いや、住居、食生活、また嗜好品やファッションなどをすぐに変える事は難しく、収入16万円の生活にするのであれば、以前付き合っていた人とは遊べなくなりますし、住居は家賃10万円のマンションから5万円のアパートへ引っ越さないといけません。

 

 

また外食も殆どできなくなり、ファッションもブランドものからユニクロのようなファストファッションに変えなくてはいけなくなります。

 

 

それに加えて、昼の仕事では「拘束時間が長い」「人間関係が合わない」「生活リズムが戻らない」などの理由で働き始めてもすぐに辞めてしまう人が多いのです。

 

 

もう一度風俗嬢になるには、2つの方法があります。

 

 

一つは前に働いていたお店でもう一度雇ってもらう事です。

 

 

これは辞める時に「いつでも戻って来いよ」というように、円満に辞める事が出来た場合に限ります。

 

 

ですが実際は、連絡を取らずいきなり辞めた。辞める時に引き止められもめにもめた、というのが多いので新しいお店を探すというのが実情のようです。

 

 

しかし、新しいお店で待遇が良くなったと答える人は全体の29%となっていて、前よりも給与や働き方の面で満足出来ていない女性が多いという結果になっています。

 

 

4位 実家へ里帰り

風俗嬢はシングルマザーが多いといいます。

 

 

どれくらい多いかといいうと、なんと4人に一人。

 

 

このことからもシングルマザーで子供を養っていくのはとても大変な事だと分かります。

 

 

シングルマザーでなくても無計画に風俗嬢を辞めた場合、次の仕事が見つかる前に資金がショートしてしまうという事も多いようです。

 

 

一度実家に帰ると、もう何も働きたくないと実家に引きこもる女性が38%、実家に住みながら地元の会社で働く女性が20%、地元の男性と結婚する女性が12%となっています。

 

 

実家にいると家事や食事など親がやってくれるので一度帰ると、もう一度一人暮らしを始めようと思う人は少ないようです。

 

 

3位 副業で生計を立てる

風俗嬢は辞めたいけど、次の仕事が見つかる保証が無くてなかなか踏み切れない。

 

 

という女性は多くいます。

 

 

本来であれば、風俗嬢で働いている間に貯金をしておき、転職のための資格を取得したり、転職期間の生活費を捻出出来ればいいのですが、貯金が100万円以上あるという風俗嬢は全体の30%程しかいません。

 

 

しかし貯金がない女性の中でも風俗とは別に副業で収入を得る事が出来れば安心して風俗嬢を辞める事が出来るようです。

 

 

風俗嬢がしている副業で多いのは

 

 

1.チャットレディ (月収¥50,000~¥500,000)

2.WEBライター (月収¥10,000~¥100,000)

3.アンケート・ポイントサイト (月収¥1,000~¥5,000)

 

 

これらの副業は全てスマートフォンさえ持っていれば時間や場所にとらわれることなく出来るのが特徴で、待機などの空き時間に効率的に稼ぐ事が出来ます。

 

 

特にチャットレディはその中でも高収入を得られることから副業とはいえ本格的な収入の柱としている嬢が多いようです。

 

 

チャットレディ登録サイト モコム

WEBライター登録サイト クラウドワークス

アンケート・ポイント登録サイト ちょびリッチ

 

 

2位 昼の仕事へ転職

風俗を辞めた嬢が一度は考えるのが昼の仕事への転職です。

 

 

しかし、資格もなく、風俗以外に働いた事がない嬢が多いため経歴書や面接で苦労する事が多いようです。

 

 

アンケートによると転職後に多い職種は

 

 

1.スーパーコンビニのレジ係

2.中小企業の事務職(OL)

3.飲食店アルバイト

 

 

となっています。

 

 

いざ昼の仕事をやってみても、生活リズムが合わない、時間が長く感じて苦痛、収入が大幅に減りモチベーションが上がらない、という理由で大半の人が不満を抱えていて転職した仕事を長く続けている嬢は少なく、せっかく辞めた風俗嬢に出戻りする嬢が多くいます。

 

 

しかしスクールや専門学校に通い専門性の高い仕事をしている嬢は、給与面、やモチベーションの面で満足している傾向が高く、離職率も低くなっています。

 

 

就職に強い「医療事務」や「調剤薬局事務」、動物が好きな人にピッタリな「ペットセラピスト&ペット看護師」、自分自身も健康になれる「ヨガインストラクター」や「食育アドバイザー」などが専門性が高い人気の資格として今取り上げられています。

 

1位 結婚して専業主婦になる

風俗嬢の末路として一番多かったのが意外にも結婚して専業主婦になる事です。

 

 

風俗嬢が専業主婦になるその理由とは

 

 

・若いときはいいが歳をとった時に自分一人で生きていく自信がないから

・精神的な安定が欲しいから

・家事もするけど趣味や旅行など自分の好きな事をする時間が欲しいから

・昼の仕事をしてみたけど合わず、もう働きたくないと思ったから

・シングルマザーで1人で子供を育ていくのが大変だから

 

 

という人生でいうと守りの考え方が多かったのですが、風俗という攻めの人生を送ってきた風俗嬢だからこそそう思う事もあるのでしょう。

 

 

確かに専業主婦になれば、自分は働かなくても収入がありますし、働いているよりも時間的な余裕はあるので趣味やお稽古などをする事も出来ます。

 

 

しかし別のデータで、元風俗嬢にとったアンケートでは

 

 

・独身である(48%)

・10代後半で結婚した(4%)

・20代前半で結婚した(23%)

・20代後半で結婚した(15%)

・30代前半で結婚した(8%)

・30代後半で結婚した(2%)

 

 

と20代前半に結婚する時期が集中しており、それ以降は減少傾向にあり元風俗嬢で30代後半に結婚したのはわずか2%です。

 

 

もし風俗嬢を辞めて専業主婦になるのであれば、30代では既に厳しいのかもしれません。

 

 

結婚出来たとしても、収入が低かったり、ルックスが上、中、下でいうところの下しかいなかったり。。

 

 

今の状況で結婚するならどんな男性の選択肢があるのか一度リサーチしてみてはいかがでしょうか?

 

 

↓↓↓Nozze(ノッツエ)の無料パートナー紹介で、結婚相手の候補をチェック↓↓↓

 

 

ノッツェ 無料パートナー紹介

私、風俗辞めます!


風俗なんて好きでやっている人なんていません


 


みんな借金や何かしらの事情があって仕方なくやっているんです。


 


もう辞めたい。


 


だけど、なかなか抜け出せないのが風俗の恐ろしい所です。


 


でももう本当に限界。


 


そう思った私は風俗を辞めるためにある事を始める事にしました。



続きを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>